川崎市宮前区の自律神経整体/かしの木治療院

自律神経失調症/うつ病/不妊症/胃腸・内臓不調/パニック・不安障害/めまいなど自律神経症状の根本解消に特化した国家資格保有の専門院です。横浜市港北区・都筑区・青葉区・東京都世田谷区・品川区などからもご来院頂いています。/土日祝日営業/駐車場完備/〒216-0003神奈川県川崎市宮前区有馬3-5-15スカイコーポ102号室
 044-865-7001
お問い合わせ

症状別の整体とエッセイ

めまいの整体

耳石によるめまいとメニエール病

一般的によく見られるめまいは、身体の位置を変えたり首を動かしたりした時に起こるものです。

 

このようなめまいは、耳鼻科では「良性発作性頭位めまい症」と診断される事が多いようです。 

 

 

耳の奥の内耳には、半規管という平衡感覚器官があります。

 

三半規管という言葉は、多くの方が耳にしたことがあると思います。

 

その中に「耳石(平衡砂)」という石が、本来あるべき場所からずれて入り込み、めまいが起こると考えられています。

 

 

首を様々な方向に動かしたり、回したりして、耳石を元の位置に戻すことで、めまいが解消すると言われています。

 

その様な方法で、実際にめまいが止まったという方はおられます。

 

しかし、すぐに再発してしまったり、まったく効果がないという方のほうが多いように思います。

 

 

「少しくらいのめまいは気にしないように」と医師に言われ、困っている方もいます。

 

平衡感覚がおかしくなっているのに、気にするなというのは無理な話です。

 

 

この様な診断を受けて、来院される方は皆さん自律神経が乱れている状態です。

 

自律神経を整えて、首や肩の緊張を緩めるとめまいが止まる方がほとんどです。

 

耳鼻科的な考え方をするなら、自律神経が乱れた状態では、耳石を本来あるべき位置に戻せなくなるという事だと思います。

 

 

しかし、実際に耳石の状態を見て確認した人がいるわけではありませんので、あくまでも仮説になります。

 

整体的観点では、自律神経の乱れから首や肩の筋肉の緊張が強くなり、頭部の血流が悪くなることでめまいが起こると考えています。

 

 

≫ 首こり・肩こりの整体

 

 

 

メニエール病は、天井がぐるぐる回るような激しいめまいと同時に、耳鳴りや難聴、吐き気などを伴うこともあります。

 

ストレスが関係しているとされ、直接の原因は内耳の水ぶくれとされています。

 

そのため、水分量を調節する薬を飲まれている方がほとんどです。

 

しかし、残念ながらそれでめまいが改善されたという方をこれまでに見たことがありません。

 

また診断基準があいまいで、原因の分からないめまいは全てメニエール病やメニエール症候群と診断する専門家もいるような印象です。

 

 

 

自律神経の働きでみると、交感神経の部分的な強い緊張と副交感神経の働きが著しく悪くなっている状態です。

 

そのため、激しいめまいが起こるようです。

 

 

激しい症状や病名から何か特別な治療を行うと思われている方が多いのですが、基本的には他のめまいと違いはありません。

 

身体が健康な状態であれば、めまいが起こることはありません。

 

首にある、めまいの急所をしっかり調節していく必要はありますが、自律神経を整えて、身体を健康な状態にするために整体を行います。

 

 

めまいでご来院された患者さんの声

 

 

 

1
2020.09.30 Wednesday
» 休診日です。