川崎市宮前区の自律神経整体/かしの木治療院

自律神経失調症/うつ病/不妊症/胃腸・内臓不調/パニック・不安障害/めまいなど自律神経症状の根本解消に特化した国家資格保有の専門院です。横浜市港北区・都筑区・青葉区・東京都世田谷区などからもご来院頂いています。/土日祝日営業/駐車場完備/〒216-0003神奈川県川崎市宮前区有馬3-5-15スカイコーポ102号室
 044-865-7001
お問い合わせ

はじめての方へ

当院は、自律神経調整に特化した完全予約制の整体院です。

 

 

 

このページでは、

「当院の施術方針」

「施術後の治癒反応について」

「施術の流れ」

「よくいただくご質問」

についてまとめています。

 

 

 

お互いの貴重な時間を有効に使うために、当院の理念や施術があなたの目的やお考えに〝合いそうかどうか〟を判断された上で、ご予約ください。

 

 

 

当院の施術方針

 

人の身体を植物で例えるとしたら、自律神経=根っこです。

 

根が悪くなって(自律神経が乱れて)しまうと、枝葉や花(身体や心)にどんな問題(病気や不調)が起きても不思議ではありません。

 

最も大切なことは、枝葉や花の手入れ(対症療法)よりも、根を良い状態に整える事です。

 

例えば、根が悪くなって枝葉が枯れているのに「薬や肥料を枝葉にあげよう」と思う人がいるでしょうか?

 

根が悪いままだと、今後も様々な問題に悩まされる事になってしまいます。

 

植物も人の身体も根っこが整うと、自然治癒力によって良くなる様にできています。

 

「不調が再発しない健康な身体を」という理念を掲げるのは、そのためです。

 

「根本的な身体の変化」によって不調を解消するには、ある程度の時間が必要になります。

 

症状の期間や程度によって個人差はありますが、平均で3ヶ月前後、8~16回の通院で不調を根本から解決される方が多いです。

 

薬などの対症療法では、すぐに症状を緩和させる事はできますが、それは一時的なもので、不調の根本解決にはほど遠いことなのです。

 

 

 

当院では、

「自律神経を整えて、自分で治る身体にする」

この目的のために施術をおこないます。

 

内臓の働き、血液の流れ、ホルモンバランス、免疫機能などは自律神経によってコントロールされています。

 

自律神経が整うことによって、自然治癒力のスイッチがオンになれば、ほとんどの不調は回復すると考えています。

 

施術で出来る事は、身体を治りやすい状態に導くこと(根っ子の手入れ)です。

 

私(施術者)が身体を治すのではなく、『自分で自分の力で治っていく』という事です。

 

 

 

当院の施術は、

「一般的な整体やマッサージとは異なります」

 

身体は、外からの強い刺激で変化を起こしても、その効果は長続きしません。

 

その場では楽になったように感じても、しばらくすると元の状態に戻ってしまうため、身体は良くなっていかないのです。

 

そのため当院の施術は、身体の変化を最も引き出せる、触れたり、軽く押す程度の刺激となっています。

 

根本改善を目指しているため、リラクゼーションのような気持ち良さやその場での実感が少ないです。

 

また施術は、短時間で必要なポイントだけに行った方が、より変化を引き出す事ができます。

 

時間が長い程、効果が上がるわけではありません。

 

その日のお身体の「状態」と「反応」によって最適な刺激量は変わり、時間を計って施術を行う事はありません。

 

常に『自律神経を整えること』を考えて施術をおこなっています。

 

 

 

また、施術と同様に大切なのが

「生活習慣の見直し」

です。

 

病気や不調は、自律神経が乱れた結果」として起きている症状です。

 

自律神経が乱れてしまうのには、必ず「原因」があります

 

施術で自律神経を整えても、「その結果になってしまった(自律神経の乱れの)原因」を見直さなければ、すぐに元の状態に戻ってしまい不調が回復する事はありません。

 

原因の多くは、あなたが日常生活の中で気付かずに行っていることです。

 

食事、睡眠、部分疲労、身体の冷え、誤った医療情報などから原因を一緒に考え、見直すことができれば、「自律神経が整った状態」を持続することができます。

 

私(施術者)からのアドバイスを聞いて頂いたり、実践されるのはご本人であるあなた次第です。

 

初めからその意思がなく、

・「施術者に治してもらおう」という一方的に依存したスタンスの方

・〝身体を健康にしたい〟というモチベーション(動機づけ)が不十分な方

・話を素直に聞けない方

の場合には、不調の解消は難しくなります。

 

多くの方はご自分の身体と向き合い、生活習慣の見直しに取り組まれています。

 

当院では、『お互いの努力と協力によって、お身体を良くしていこう』と考えています。

 

 

 

当院の施術が合わない方

 

◾︎強く揉んだり、リラクゼーションのような気持ち良さが欲しい方

◾︎その場で実感が欲しい方

◾︎生活習慣を見直し、自分で身体を良くしようという意欲のない方

◾︎一度で良くなりたい方

◾︎自分の考えや既存の考え方、メディアの情報などに固執して、協力姿勢でない方

 

上記のような方は、当院の施術ではお力になれません。

申し訳ありませんが、目的やお考えに合った所をお探し下さい。

 

 

 

心・身体問わず不調の解消に大切なことは、『健康』を取り戻すことを諦めずに、一歩踏み出す気持ちを持ち続ける事です。

 

当院は、

 

「元気になったら我慢しないで、〇〇がしたい」

「不調をなくして、快適な日常を手に入れたい」

 

と願うあなたのお力になりたいと思っています。

 

当院の考え方にご理解頂ける方とのご縁を大切にさせていただきます。

 

 

 

 

施術後の治癒反応について

 

施術後に「だるさ」や「眠気」、「痛みや不調が酷くなったように感じる」場合や、人によっては「発熱」をして風邪のような状態になったり、「多量の発汗」、「下痢」をしたり、「吹き出もの」が出る場合もありますが、これは自然治癒力が働き始めた治癒反応によるものです。

 

「整体を受けてかえって具合が悪くなった・・・」と心配される方がいらっしゃいますが、改善の過程での一時的なものですので、ご安心下さい。

 

症状を薬で抑えたりせずに自然に経過させることで、自然治癒力は飛躍的に高まり、身体は良い状態に変わっていきます。

 

白湯をいつもより多めにとって、身体を冷やさないようにゆっくりと休めてお過ごし下さい。

 

治癒反応が出るか出ないかは、半々くらいです。

 

 

 

 

当院の施術の流れ

 

ご予約

当院は、予約制となっております。

事前のご予約をお願い致します。

ご予約は下記電話番号にて受け付けております。

044-865-7001

気になる症状を事前にお聞かせ下さい。

 

 

予診表の記入

DSC_0570 2018 (2).JPG

予診表へのご記入をお願いします。

お悩みの症状などをご記入いただきます。

 

 

お着替え

 DSC_0573 2018 (2).JPG

洗いたての靴下への履き替えをお願いします。(足とお顔を両方触る場合があるため)

腕時計やアクセサリー類は、外して頂くようお願い致します。

ジーンズや短パン、スカート、厚手のセーターなどを着用している場合には、スウェットやパジャマなど柔らかい生地のものにお着替えをお願いします。

院にも上下ご用意がございます。

更衣室をご利用下さい。

 

※女性の方へ:下着はカップ付インナー(ユニクロのブラトップなど)やスポーツブラなど背中にベルトやホックのないものだと助かります。

 

 

問診(カウンセリング)

DSC_0600 2018.JPG

予診表を基にさらに詳しいお話を伺っていきます。

質問や気になる事などありましたら、どんな些細な事でも遠慮なくお伝えください。

 

 

自律神経のチェック(検査)と説明

DSC_0633 2018.JPG

自律神経とお身体の状態を観察し、症状の原因を探していきます。

その後、「お身体の状態」と「生活習慣の改善点」をお伝えします。

 

お悩みの解消には、あなたと施術者が「原因」と「改善方法」を共に理解することが、とても大切です。

カウンセリングと説明をしっかり行うことが、お悩み解消への『近道』となります。(口うるさく感じる事もあるかもしれませんが、ご理解ください。)

 

 

施術

DSC_0662 2018.JPG

自律神経の調整ポイントに触れたり、軽い力で押していきます。

 

また、筋肉の「緊張」と「弛緩」の異常箇所の調整をしていきます。

 

 

施術後の説明

DSC_0609 2018.JPG

お身体の状態やおこなった施術について、再度お話しさせて頂きます。

 

 

お会計、次回のご予約

 DSC_0584 2018.JPG

受付でお会計後、次回以降のご予約の確認をおこない、受付カードをお渡しします。

 

翌月分までのご予約をまとめて行うことも可能です。

決まった曜日・時間をご希望の方はお申し出下さい。

 

お疲れ様でした。

お気をつけてお帰り下さい。

 

施術を受けた当日の入浴は、施術の効果を損なわないために、湯船にはつからずにシャワーで済ませて下さい。

 

 

 

 

よくいただくご質問

 

Q.どのような治療法ですか?

当院の施術は器具や機械などを使わずに、手だけで行います。

ソフトな圧で自律神経の調整ポイントに触れ、骨盤、背骨、筋肉・筋膜の弾力を正常に戻していきます。

自律神経が整う骨格を作り、身体を健康な状態にする手技療法です。

 

 

Q.ボキボキされるのが苦手なのですが

強い力をかけたり、捻ったり、音を鳴らすような施術は行っていません。

ご安心下さい。

 

 

Q.◯◯と言う症状なのですが、対応できますか?

自律神経やお身体の状態を確認せずに、お答えすることが難しい質問です。

症状や病名だけでのいい加減な判断は、患者さんに失礼だと思うからです。

一度ご来院頂いて、初回検査を受けて頂ければと思います。

 

 

Q.精神薬を長い間飲んでいるのですが、やめた方が良いですか?

向精神薬の中には、急に服用を止めると離脱症状と言われる副作用が出るものがあります。

そのため、体調の回復に合わせて医師と相談の上で、少しずつ減薬していく必要があります。

症状が良くなると早く止めたくなるお気持ちは理解できますが、急がないことがお薬をやめる近道になると考えて下さい。

 

 

Q.子供は、みてもらえますか?

起立性調節障害の整体(子供の整体)をご覧頂ければと思います。

 

 

Q.保険証は使えますか?

申し訳ございません。

保険証はご利用頂けません。

 

 

Q.医療費控除の対象になりますか?

当院の施術スタッフは国家資格を持っており、保健所にも登録された整体院です。

そのため、当院の施術費用は医療費控除の対象になります。

必要な方には、領収証を発行致します。 

 

 

Q.駐車場はありますか?

無料駐車場2台ご用意しています。

DSC_0352 (2).JPG

建物前の空いているスペースへお停め下さい。

 

  

Q.どれくらいの頻度で通ったら良いですか?

症状によって個人差はありますが、はじめのうちは3日~1週間に1回のペースでの通院をお勧めします。

なぜなら、その方が自律神経が整った身体の状態を維持しやすいからです。

身体が良くなり、症状が改善が進むにつれて間隔を広げていくことをご提案します。

もちろん無理な提案や予約を強制することは一切ありませんので、ご安心ください。

 

 

Q.何回通ったら良くなりますか?

症状の重さやご年齢、患っていた期間など、個人差があるため一概には言えません。

また、「施術以外の時間で、どれだけ自律神経が整った状態を維持できているか」によっても回復度は大きく変わってきます。

生活習慣改善を積極的に行うことが、最も回復度を高める方法と言えるでしょう。

平均では、3か月前後(8~16回)で症状が解消する方が多いです。

早い方では数回の施術で良くなる方もいますが、長くかかる方では6か月、場合によってはそれ以上かかることもあります。

 

 

Q.良くなったらもう行かなくても良いですか?

当院では、痛みや不調が無くなった後も「長期に渡って健康な身体を維持して頂く」ために、定期的なメンテナンスが重要だと考えています。

定期的に施術を受ける事のメリットは、以前の辛い状態に戻りにくい事、つまり毎日を快適に過ごせる事です。

そのため、当院の患者さんは、症状が無くなった後も2~3週間に一度のペースで通院される方が多いです。

良い身体の状態を自然に維持できる事が一番理想ですが、現代社会では修行僧の様なストイックな生活でなければ、なかなかその様にはいきません。

虫歯でも、治療後に定期的なクリーニングを受けることで、再発のリスクを減らす事ができます。

同様に、予防や健康維持のために当院をご利用頂ければと思います。

 

 

Q.1回の施術で、どれ位良くなりますか?

症状の期間が短い場合には、初回~3回目の施術で症状の改善を感じられる方が、多くおられます。

逆に、数年~数十年に及ぶ慢性症状や長期間に渡り服薬を続けている場合には、施術による身体の反応や変化を感じとる感覚も鈍っているため、効果を感じるまでに少し時間が掛かる傾向があります。

また、一度の施術の効果に一喜一憂されるお気持ちはよく分かりますが、少しの変化を気にし過ぎると必要以上に落ち込んだり、疲れてしまう事があります。

人には高調期と低調期という調子の波が誰にでも必ずあります。

そのため、一度楽になってもまた悪くなった様に感じてしまう事があるのです。

特に自律神経が乱れている時には調子の波の影響を強く受けて、体調が変わりやすい状態です。

代謝のサイクルで細胞が入れ替わり、身体が本質的に変わるためには、一定の期間が必要になります。

症状がなくなった=良くなった訳では、ありません。

体調の変化を長い目で感じる事も、必要になります。

2020.06.04 Thursday