川崎市宮前区の自律神経整体/かしの木治療院

自律神経失調症/うつ病/不妊症/胃腸・内臓不調/パニック・不安障害/めまいなど自律神経症状の根本解消に特化した国家資格保有の専門院です。横浜市港北区・都筑区・青葉区・東京都世田谷区・品川区などからもご来院頂いています。/土日祝日営業/駐車場完備/〒216-0003神奈川県川崎市宮前区有馬3-5-15スカイコーポ102号室
 044-865-7001
お問い合わせ

症状別の整体とエッセイ

間違った食生活による自律神経の乱れ

食べ過ぎによって起こる不調

背骨の異常には、間違った生活習慣によって起こる不調を見て取ることができます。

 

同様に食べ過ぎによる異常も観察することができます。

 

肥満や糖尿病を例に挙げるまでもなく、食べ過ぎは多くの病気や不調の原因になっています。

 

今、一番多い病気や不調の原因は食べ過ぎです。

 

 

 

整体的観点では、食べ過ぎを量的なものと質的なものとに分けて考えています。

 

まず、量的に食べ過ぎた場合には、上頚(首の上の方)の左側の緊張が強くなります。

 

さらに量的な食べ過ぎが習慣的に持続すると、交感神経の働きが低下します。

 

すると、身体の一部分に強い緊張状態を引き起こし、日常様々な不調を感じるようになります。

 

比較的多く見られる症状としては、左の偏頭痛、肩こり、倦怠感、眼精疲労、めまい、不整脈などです。

 

 

一方、糖分、脂肪分、アルコールなどの質的な食べ過ぎは、肝臓、腎臓、膵臓などに負担がかかります。

 

この質的な食べ過ぎを整体的にみると、まず上頚の右側の緊張が強くなります。

 

さらに食べ過ぎが続くと、副交感神経の働きが低下します。

 

背骨の弾力が低下し、身体の最も弱い部分から病気や不調を生じるようになります。

 

右の偏頭痛、吹き出物、ガン、体温の低下、腎臓の異常、腎性高血圧、糖尿病、膵炎、肝炎、痛風、インポテンツ、生理不順などが、多く起きる症状です。

 

 

 

最近では健康のために、健康食品やサプリメントなどの栄養補給食品や栄養価の高い食品を習慣的に摂取されている方も多いです。

 

また、健康法として1日2リットルの水を飲まれている方もいます。

 

しかし、〝過ぎたるは及ばざるがごとし〟という言葉があるように、身体に良いものでも必要以上に摂り過ぎれば、毒になります。

 

植物に水や肥料をあげ過ぎると、枯れてしまうのと同じです。

 

残念なことに、健康の為にと摂っている食品が原因で、身体を悪くしている事が多いのです。

 

 

 

元来、人類は何万年もの間、飢えや飢餓状態の中で子供を生み育ててきました。

 

身体の生理機能や種族保存のための生殖本能は、栄養の足りない時にこそ強く働きます。

 

戦中、戦後を経験された方は、食べ物の少ない中でも、重い荷物を何十キロと担いで運んだと聞きます。

 

また、当時は10人兄弟姉妹などは珍しくなく、女性は背負った赤子が泣くと乳を飲ませ、オムツを替えて野良仕事や夜鍋仕事を続けていました。

 

栄養が身体を養うことは周知の事実ですが、昨今の有り余る食べ物や高栄養状態の中で、私達は同じような生活ができるでしょうか?

 

また子供を10人産めるでしょうか?

 

1+1が2になるのが物理学で、1+1がマイナス1になるのが人間の身体なのです。

 

 

 

 

一般的な栄養基準もありますが、体格や体質、生活習慣は人によって違いがあり、個人にそれを当てはめるには多少の無理があります。

 

 

また、人間の身体は毎日違います。

 

身体にとって必要な栄養は、体調や運動量によっても変わり、計量できるものではありません。

 

・「1日3食、食べなければならない」ではなく、空腹を感じるなら食べる

 

・「のどが渇いた」と感じたら、水を飲む

 

・胃腸の働きが悪いときには、さっぱりしたものが食べたくなる

 

・汗をかいたときには、塩辛いものが食べたくなる

 

といった、できるだけ身体の声に耳を傾けた、バランスの良い食事内容を心掛けたいものです。

 

また、腹七分目を守った食生活を送ることが健康にとって何より大切なことです。

 

 

 

2020.09.30 Wednesday
» 休診日です。