川崎市宮前区の自律神経整体/かしの木治療院

自律神経失調症/うつ病/不妊症/胃腸・内臓不調/パニック・不安障害/めまいなど自律神経症状の根本解消に特化した国家資格保有の専門院です。横浜市港北区・都筑区・青葉区・東京都世田谷区・品川区などからもご来院頂いています。/土日祝日営業/駐車場完備/〒216-0003神奈川県川崎市宮前区有馬3-5-15スカイコーポ102号室
 044-865-7001
お問い合わせ

症状別の整体とエッセイ

首こり・肩こり・頭痛の整体

交感神経の緊張による首こり・肩こり・頭痛と弛緩の異常

首や肩の筋肉のコリには自律神経の乱れが関係しています。

 

当院を訪れる方の中には、「首や肩のコリが不調や自律神経の乱れの根本原因」と考えている方も少なくありません。

 

しかし、首や肩のコリはあくまでも「自律神経が乱れた結果として起きている症状の一つ」でしかありません。

 

そのため、首や肩のコリに直接アプローチするだけでは、コリを無くしたり不調を根本から良くしていく事は難しいのです。

 

 

 

自律神経が乱れるとまず、肘の周りや腕のつけ根の筋肉が硬く緊張するようになります。

 

特に強くでるのが、肘の裏側の周囲です。

 

触れると痛みを感じるのですが、自覚されている方が以外と少ない異常箇所です。

 

 

この肘の周りや腕のつけ根の筋肉が緊張して硬くなると、首や肩の力を抜く事が難しくなります。

 

力を自分では抜いているつもりですが、無意識で首や肩の筋肉に力を入れ、肩を上にあげたり、常に力んでいる状態です。

 

この状態が長く続くと、首や肩のこりを強く感じるようになります。

 

 

首や肩のコリは、マッサージで一時的に柔らかくしても、少しすると元の辛い状態に戻ってしまうと感じている方が多いのではないでしょうか?

 

それは、身体がこのような状態になっているためです。

 

 

 

肘の周りや腕のつけ根が硬くなるのは、交感神経の部分的な緊張が原因です。

 

この交感神経の部分的な緊張は、首や肩の筋肉を緊張させ、頭痛やめまいの原因となります。

 

 

 

首こり・肩こり・頭痛の整体のポイントは、まず交感神経の働きを高めて自律神経を整えることです。

 

 

首こり・肩こり・頭痛でお悩みの方は、副交感神経の働きが悪くなっている方も多いです。

 

そのような場合には、副交感神経の働きも高めます。

 

自律神経を整えてから、腕、首、肩の筋肉を調整すると、身体の力を抜けるようになり、カチカチだった首や肩の筋肉にも弾力が出る様になります。

 

 

 

また別のケースとして、首の筋肉がゆるみ過ぎて力が全くない状態になっている事があります。

 

このような「弛緩の異常」を起こしている時にも首のコリを強く感じるのですが、この場合には、いくら首の筋肉を揉んでも良くなる事はありません。

 

その原因の多くは、腎臓の働きが低下していることにあります。

 

首と腎臓は、共に生命力の強さが現れる部位で関連が深く、力がなくなると

「身体が重く感じる」

「やる気が出ない」

といった状態になります。

 

また、自律神経全体の働きにも深く関係しています。

 

腎臓の働きを高める整体を行って、首に弾力が戻るとコリを感じなくなって、身体が軽く感じる様になります。

 

 

肩こり、首の痛み、頭痛、吐き気でご来院頂いた患者さんの声

 

頭痛、肩こりでご来院頂いた患者さんの声

 

 

 

1
2020.10.01 Thursday