川崎市宮前区の自律神経整体/かしの木治療院

自律神経失調症/うつ病/不妊症/胃腸・内臓不調/パニック・不安障害/めまいなど自律神経症状の根本解消に特化した国家資格保有の専門院です。横浜市港北区・都筑区・青葉区・東京都世田谷区・品川区などからもご来院頂いています。/土日祝日営業/駐車場完備/〒216-0003神奈川県川崎市宮前区有馬3-5-15スカイコーポ102号室
 044-865-7001
お問い合わせ

症状別の整体とエッセイ

うつ病の整体

うつ病と交感神経の本当の関係

うつ病は、主に精神的ストレスを原因に発症する心の不調ですが、休職をしてストレスをなくしたり、心理療法(認知行動療法、カウンセリング)を行っても、回復しないケースが少なくありません。

 

またお薬は症状を一時的に緩和して、自然と良くなるのを待っているだけで、原因を治しているわけではありません。

 

整体的な観点から言えば、うつ病は間違いなく、自律神経の働きの問題によって起きる不調です。

 

なぜなら、うつ病でお悩みの方には、同様の身体の問題があるからです

 

休職をして身体を休めたりストレスから解放されているのに、うつ病が良くならないのは、身体の問題が解消していないからです。

 

この事を説明する前に、うつ病の症状について掘り下げてみたいと思います。

 

 

 

うつ病とは、

・興味または喜びの喪失

・気持ちが落ち込む(抑うつ気分)

・気力、意欲の減退

・思考力、集中力、記憶力の低下

・不眠(または過眠)

・ストレスを感じやすくなる

・感情の起伏が激しくなる

・不安やイライラ、焦りを感じる

・無価値感または罪責感

・自殺企図

これらの症状が二週間以上続く事です。

 

また、身体の症状として

・疲労感、倦怠感

・身体のコリや痛み

・頭痛

・動悸

めまい

・食欲不振、体重減少(過食、体重増加)

・手足の冷え

・耳鳴り

・疲れやすくなる

なども同時に起きることがあります。

 

整体では、身体を整える事と心・精神を整えることを分けて考えずに一つのものとして捉え、自律神経を整えます。

 

だからこそ、服薬などの対症療法では得られない大きな変化があるのです。

 

 

 

一般的にうつ病は、身体の症状から「交感神経が緊張し過ぎている状態」と説明されることが多いようです。

 

しかし、身体を通して自律神経の働きで見ると、交感神経の働きが悪い状態で起きる「身体の部分的な緊張」が原因で、症状が起きています

 

 

 

テレビや書籍、インターネットの情報などでは、とかく悪者にされてしまう事が多い交感神経」ですが、交感神経というのは『意欲』や『活動力』の源です。

 

交感神経の働きが悪くなると、心臓の収縮が弱くなるため、全身の血流状態が悪くなります。

 

特に、心臓より高い位置にある脳の血流が不足し、脳内の酸素も不足した状態になります。

 

この状態が続くと、脳の機能が低下する事によって

 

・正常な思考ができなくなり、ストレスの処理がうまくいかなくなる

 

・セロトニンなどの脳内物質のアンバランスが起きる

 

ために、うつ状態になります。

 

脳は臓器の中で最も酸素を必要とする器官で、重量はわずか1400g程なのに対して、酸素消費量は身体全体の25%にも及びます。

 

筋肉の様に酸素を貯蔵できない脳は、酸欠にとても弱い器官で、酸素不足に最も敏感に反応し、影響を受けてしまうのです。

 

脳が酸素不足になれば、誰もがうつ病になっても不思議ではありません。

 

 

 

また、交感神経の働きが悪くなると眠りが浅くなるため、夜中に何度も目がさめてしまったり、たとえ眠れていても疲れが取れなくなります。

 

身体を健康な状態に回復させるためには、快眠(深くて質の良い睡眠)が最も大切です。

 

浅い睡眠では、どれだけ長く眠っても身体の異常は解消されません。

 

そのため、一日中眠い、ダルいといった状態になり、夜にしっかりと眠りたい時には眠れずに、人によっては朝が来ても起き上がる事ができなくなります。

 

一般的には、交感神経の働きが良いと眠れなくなると思われていますが、そうではありません。

 

寝付きの良さには副交感神経の働きが大切ですが、交感神経の働きが悪いと質の良い睡眠がとれなくなります。

 

快眠には、交感神経と副交感神経の両方の働きが必要になるのです。

 

 

 

うつ病でお悩みの方は、皆さんに同様の身体の問題が起こっています。

 

うつ病の整体のポイントは、

交感神経の働きを高める

です。

 

脳の血流と関係の深い「背骨」と「頭蓋骨」の調整を合わせて行うことで、より脳内の血流が改善します。

 

少しずつ体調が回復してくると、お薬の量を減らしても症状が落ち着いていたり、症状が出なくなるなどの改善が見られる様になります。

 

さらに健康な状態に回復するとお薬がなくても症状が出なくなり、うつ病を克服できるのです。

 

 

 

脳の機能や思考力が正常になると、精神的ストレスの感じ方が変わり、心と身体への影響も少なくなります。

 

整体だけで回復される方がほとんどで、カウンセリングなどのケアが必要な方はごく少数です。

 

 

うつ症状、動悸、多汗などでご来院頂いた患者さんの声

 

長年のうつでご来院頂いた患者さんの声

 

 

 

1
2020.09.20 Sunday
» 休診日です。