川崎市宮前区の自律神経整体/かしの木治療院

自律神経失調症/うつ病/不妊症/胃腸・内臓不調/パニック・不安障害/めまいなど自律神経症状の根本解消に特化した国家資格保有の専門院です。横浜市港北区・都筑区・青葉区・東京都世田谷区などからもご来院頂いています。/土日祝日営業/駐車場完備/〒216-0003神奈川県川崎市宮前区有馬3-5-15スカイコーポ102号室
 044-865-7001
お問い合わせ

症状別の整体とブログ

起立性調節障害の整体(子供の整体)

子供の不調解消で一番大切なこと

当院では、小学生~大学生の起立性調節障害(朝起きられない、立ちくらみ、立位での低血圧・頻脈、めまい、頭痛、腹痛など)や自律神経症状による体調不良のお子さんの場合には、当院でご紹介します専門のカウンセリング機関で『親子カウンセリング』を行って頂き、その後に整体施術を受けて頂くことをお勧めしています。

※カウンセリング機関の所在地は、東京都内です。

 

これまでに多くのお子さん達を見させて頂いてきた経験から、『子供の不調を良くするためには子供だけを見ていては駄目』だという事が分かったからです。

 

理由は、子供は感受性が強く、また周りの環境に受動的であるため、

・体調不良(身体の問題、自律神経の乱れ)の原因が、「親御さんとの関係」や「家庭環境」のストレスによるもので、子供本人の問題ではない事が多い

 

・その事を子供も親御さんも自覚できていない事が多い

ためです。

 

 

原因がそのままですと、施術を行っても体調が回復しづらかったり、回復してもまた戻ってしまいます。

 

また、体調だけが回復しても「心の問題」を放置してしまうと、より悪化、深刻化して、将来大人になった時に「生きづらさ」に悩み、うつ病や引きこもりになってしまう事もあります。

 

不調の根本解消とお子さんのこれからの〝幸せな人生〟には、不調の背景にある「心の問題の解決」が最も重要なことです。

 

 

 

これまでに多いのは、親御さんの価値観や常識、世間体などの

・○○でなければならない

・~するべき

といった強すぎる規範意識が、子供のストレスになっているケースです。

 

例えば、

・親の言うことはちゃんと聞くべき

・勉強や習いごとはきちんとしなければならない

などです。

 

規範意識を持つこと自体は、悪い事ではありません。

 

我が子を思う気持ちから行っている事だと思います。

 

ですが、それが子供を苦しめて、そして親御さん自身も苦しんでいる・・・・だとしたら、その様な規範意識を持つ事に意味はあるのでしょうか?

 

持っていても苦しむだけのものは、手放してしまえば良いのです。

 

 

 

お子さんの回復に必要なのは、安心できる居場所を作ってあげるという親御さんのサポートです。

 

そのためには親御さんが、

お子さんの気持ちを理解、共感して受け止めてあげる事(理解、共感できなくても尊重する事)

 

お子さんをありのまま受け入れてあげる事(「君はそのままで素晴らしい存在なんだ」と伝える事)

 

お子さんを信じて見守る事

 

結果ではなく行動した気持ちを認めて褒めてあげる事

 

これが出来れば、お子さんは必ず回復に向かいます。

 

原因がなくなれば自律神経を整え、身体の問題を解消する事も出来る様になるからです。

 

 

 

まずは、親御さんが自分の中の規範意識に気付く事が、不調解消へのスタートになります。

 

そして、規範意識を緩め、手放す事。

 

そうする事で、子供も楽になり、親御さん自身も楽になっていきます。

 

 

 

ただ、親御さんが焦ってしまうと、なかなかそれが出来ないのです。

 

・このまま、良くならなかったらこの子の将来はどうなるのか

 

・育て方が間違っていたのではないか

 

・学校に通えていないなんて世間体が悪い

 

こういった気持ちを抱いてしまうのも親御さんの立場なら仕方の無い事です。

 

だから一生懸命になり過ぎて、それが却ってお子さんのプレッシャーやストレスになり、回復の邪魔をしてしまう・・・・。

 

 

 

失敗や挫折は、成長するための学びであって、お子さんは困っている訳ではありません。

 

何度も間違える事や裏切る事があっても、「どんな時も信じて見守ってくれている・・・・。」

 

そんな親御さんの存在は、最後は帰る場所があるという絶対的な安心に繋がります。

 

その安心感があれば、何度失敗や挫折をして倒れても、また立ち上がり挑戦する事ができます。

 

お子さんの回復のためには、この安心感が最も必要なのです。

 

 

 

そして、そのためには親御さんが自分の中の不安や怖れと向き合う事も必要

 

なぜなら、それがあるからお子さんを信じて見守る事ができずに、世話を焼いてしまうからです。

 

不安や怖れがあるのは当たり前の事ですから、まずはそれに気付き、そんな自分を認めて許してあげる。

 

それが出来るだけで、不安や怖れは減っていきます。

 

そして、不安や怖れが減ればお子さんの気持ちを受け止めて、ありのまま受け入れる事も出来るようになっていくのです。

 

 

 

自分だけでは難しい部分もありますし、人によってケースは異なりますので、専門家に任せる事が一番の近道です。

 

当院では、子育て専門のカウンセリング機関をご紹介していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

※当院とカウンセリング機関に提携や利害関係はありません。

あるのは、子供の笑顔を増やしたいという思いです。

これまでの経験から信頼できるカウンセリング機関をご紹介しています。

 

 

 

施術料金 

 

小学生以下 初回  ¥7,000(初診検査料¥3,000[約30分]+施術料¥4,000[約30分])

 

小学生以下 2回目~¥4,000(約30分)

 

 

 

 中学生以上 通常(大人)料金

 

 

 

このページの内容がよく分からない方、カウンセリングに抵抗がある方への

【関連記事】

 

朝日新聞連載~医師の哲学~ 大阪医科大学附属病院 発達小児科准教授 田中英高医師

 

【おすすめ書籍】

 

Screenshot_20190712-161149.png

気づけない毒親/高橋リエ 著

 

「娘との関係はちゃんとできているから大丈夫」と思っている親ほど、実は娘が心に闇を抱えているケースが少なくありません。と著者は言います。

 

子供の「生きるエネルギー」を低下させる「子供にとって、毒になる親」について、子供と親の双方の立場から読む事のできる、こじれた親子関係の修復本。

 

神経疲労の蓄積によって、不登校・ひきこもり・うつ・摂食障害・リストカットなどの症状が起こるメカニズムも解説されていて、体調回復の一助となる一冊です。

 

 

 

Screenshot_20190712-162742.png

小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て/高橋孝雄 著

 

現役の慶應大学小児科教授が、子供を幸せに導く3つの力(共感力、意思決定力、自己肯定感)の大切さを説き、それを備えるための子供への接し方を教えてくれます。

 

親の本当の務めが分かる、子育てのバイブル。

 

 

 

2020.04.07 Tuesday